講師紹介

小島大徳(こじまひろとく)

1975年岐阜県生まれ。大学准教授。経営学博士。税理士。専門著書多数。

私が大学院生の頃、博士論文の執筆するうえで、専門書を速く深く理解するため、「速読」の研究をはじめました。

「すべての文字を頭に入れ、内容を完璧に理解する」という速読を完成させることを目指して、世界各地に伝承している速読の原理原則を探求しました。

その後、数年かけて一切の妥協なく体系化したのが、「超高速読書法」です。

超高速読書法を完成してからは、数千人の受講生にこれを教え、誰もが習得することができる速読法に仕上げました。そのため、この授業は、少人数かつ対面でおこないます。当然、毎回の宿題がでますので、決して楽ではありません。しかし、私に最後までついてきて頂ければ、本物の速読を習得することができます。

藤森 さやか

小島式速読8期卒業生。 研修講師経験・コーチング知識に基づいた、論理的にわかりやすく伝える、教え上手なところをかわれ、小島式速読初の認定講師となる。
現役受講中には、約半年で500冊を読破。読書スピードは1分あたり800字から50,000字へ向上。

他の速読を独学で学ぼうとして挫折した経験から、対面で学ぶことの重要さを痛感。小島式速読による楽しくストレスのない読書体験を通じて、人生をより豊かに過ごせる人を増やすべく講座を開講している。

受講生1人ひとりに合ったやさしい伝え方に定評がある。 日本だじゃれ活用協会認定ファシリテーター、平和戦略会議つきつめPGファシリテーター、グラフィックファシリテーターとしても活動中。

投稿日:

Copyright© 超高速読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.